So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥取帰省 [吉田圭佑]

image.jpeg
変わんねぇなぁ。

吉田です。

先日、鳥取へ一時帰郷してきた。
もうね、鳥取寒すぎ。

ちょうど彼岸だったのもあって、爺ちゃんの墓参り。
俺の声聞くなり泣き出す婆ちゃん。
手を握り締めたまま、離そうとしないので、しばらくゆっくり話したよ。
元気そうで、本当に嬉しかった。 婆ちゃん、もう目は見えないけど、耳は凄く良い。
だから、俺の拙い話もじっくり、うん、うん、って聞いてくれる。
優しい時間だったなぁ。
そう言えば…婆ちゃんの目が見えなくなり始めた頃、俺はそれを知らなくて、壁を伝って歩く婆ちゃんに、大丈夫か?って声かけた事があった。
そしたら婆ちゃん、俺と弟を間違えたのね。
その時、初めて婆ちゃんの目がもう、ほとんど見えていない事を知った。
間違えた事を謝る婆ちゃんに肩を貸して、部屋まで連れてって、逃げるようにして廊下まで出た。
そこで次男と鉢合わせて…顔見たらもうダメだったなぁ。
馬鹿みたいに泣いた。
多分、後にも先にも、弟の前で泣いたのはあの時一回きりだと思う。

鳥取滞在中には
親父の誕生日パーティーに、地元テレビ局の方と取材&打ち合わせ。
以前在籍していた会社の先輩後輩、仲間達と再会を喜び、2人の弟達と自分達の現在とこれからを語った。

気が付けば、最終日。

夜には大切な友人達との食事の予定。

その前に、どうしても行っておきたい場所があったので、実家のガレージで埃被ってた自転車を無理矢理引っ張ってきて、土手へ。
先の台風で、川は増水。
飲み込まれたらと思うとゾッとするような濁流が渦巻いてたよ。

夕暮れの土手を、自転車漕いでひたすら西へ。
陽が傾いて、少し冷たくなり始めた風が、耳元でごぅごぅと唸ってた。

橋を3つと、JRの鉄橋を1つ越えた先の橋のふもと。
草の背が伸びただけの、あの日のままの南大橋。

そこに立って、対岸で頼りなさ気に揺れる街の灯を、たっぷり20分は眺めてた。

変わんねぇなぁ。
何も。

街も、人も、空気も。
あの頃大切だったもの、人、事が次々にフラッシュバックして、胸が張り裂けそうだった。

間違いなく、俺のジレンマはあそこから始まったんだろう。
そして、今も変わらず留まり続けて、そこに立つその度に忘れていたものを揺り起こしてくれる。

迷ったら、またここに戻ってこよう。

そんな風に誓って
さぁ、飲むぞなんて意気揚々と引きあげた。

結果、風邪をひきました。
そりゃね、20分も吹きさらしの中で突っ立ってりゃ引くわな。

いやぁ、まいった。
ぎゃふん。

写真は鳥取の名産。
20世紀梨!

じゃ、また。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。